Rethinking Risk Data Management And Technology In The Face Of FRTB: The COVID-19 Reprieve As An Impetus For Japanese Banks

Jump to the introduction in Japanese

The COVID-19 economic crisis is putting pressure on Japanese banks’ capital.

Among other stresses, rising unemployment will almost certainly drive an increase in non-performing loans and impact banks’ regulatory reported risk-weighted assets (RWA). As they wrestle with crisis-driven pressures on their capital, financial firms have also been feeling the weight of preparing for the Financial Services Agency of Japan’s (JFSA) Fundamental Review of the Trading Book (FRTB) reporting.

frtb

Financial institutions see FRTB as presenting new challenges on the risk and regulatory reporting front. The so-called Basel IV framework, with which JFSA is aligned, calls for FRTB reporting on huge data volumes with extreme granularity. Banks fear that FRTB requirements will place severe strain on their current data management and regulatory reporting capabilities.

But perhaps there is a light shining at the end of the proverbial tunnel. Due to pandemic disruptions, JFSA recently announced a reprieve. FRTB reporting is delayed to 2023, giving financial institutions valuable time to consider the situation more strategically. The crisis can become the impetus for Japanese financial institutions to prepare for FRTB holistically within their overall approach to Basel IV. As they assess what needs to be done to execute FRTB efficiently, banks can also take a refreshed look at how they are currently handling RWA data, calculation, and reporting.

Japan’s Risk Backdrop And Basel IV Landscape

Japan’s financial system has been stable. In previous crises, the country’s financial institutions have proven to be resilient in terms of capital and liquidity. However, the profitability of domestic deposit-taking and lending activities – core financial intermediation functions – has continued to decline due to structural factors. In their quest for new sources of profitability, Japanese banks have expanded their activities overseas and pursued strategies to provide more comprehensive financial services. This expansion has increased the banks’ risk, but it has not secured commensurate profits, leading to moderate declines in capital adequacy ratios and stress resilience. Especially under today’s pandemic-driven economic crisis conditions, Japanese banks must focus closely on managing capital risk.

As the current crisis puts stress on financial institutions’ top lines, demand for credit will increase. The Bank of Japan’s decisions to support the real economy through fiscal and monetary measures may not translate into real growth unless additional measures are being taken around capital optimization under the framework. Organizations must plan to provision for capital conservation and countercyclical capital buffers with stress scenarios.

Asking Questions About Data Management And Technology

While focusing on managing capital and meeting Basel IV requirements, Japanese financial institutions must also address their needs for data management and risk and regulatory reporting technology. Establishing a strong, transparent foundation for risk and regulatory reporting will enable banks to derive insights for risk decision-making and satisfy regulatory expectations. As they plan for FRTB and Basel IV, financial firms’ risk, data, and technology leaders are focusing on understanding the underlying data and RWA calculation used in calculating their capital ratios, compliance with the Basel IV’s new approach to FRTB, and whether their current technology infrastructure can cope with the high amount of data required for compliance with this new approach.

Rethinking Basel-Driven Risk And Regulatory Reporting – With AxiomSL

By exploiting JFSA’s FRTB reprieve, Japanese banks now have more time to assess their needs and implement a strategic, holistic solution. With AxiomSL, firms can implement robust risk and regulatory solutions that provide deep transparency into their risk data and calculations, while delivering compliant regulatory reporting and the operational efficiencies that enable them to manage their Basel journeys.

Deployed on its secure RegCloud® or on-premises, AxiomSL’s ControllerView® data integrity and control platform provides institutions with a strategic and scalable end-to-end reporting capability to address regulatory requirements transparently and efficiently across Basel capital and liquidity and other frameworks.

Underpinned by its extensible CapitalView data dictionary and powerful risk calculation architectures, AxiomSL’s solution provides a framework for a range of complex Basel-related capital calculations, including RWA and FRTB.

Read our full article by completing the form below:
下記のフォームに入力して記事全文を読む:

FRTBが迫る中、リスクデータ管理とテクノロジーを再考する:
日本の銀行にとって推進力となる、COVID-19がもたらした一時的猶予

 

COVID-19が引き金をひいた経済危機が、日本の銀行の自己資本を圧迫しています。

さまざまなストレスがある中でも、失業率の上昇が大量の債務不履行を引き起こし、銀行のリスクアセット(RWA、規制上の報告を要する)に影響を及ぼすことはほぼ間違いありません。金融機関は経済危機による資本への圧力と戦う一方で、金融庁の「トレーディング勘定の抜本的見直し」(FRTB)報告に向けた準備の重圧も感じています。

金融機関からは、FRTBはリスクと規制上の報告義務をめぐる新たな難題であるとみられています。金融庁が協調している、いわゆるバーゼルIVの枠組みは、膨大な量のデータの極めて詳細なFRTB報告を要求しています。銀行はFRTBの要件によって現行のデータ管理と規制報告機能に重大な負担がかかることを危惧しています。

しかし、ことわざにもあるように、おそらくトンネルの先には光が見えるでしょう。パンデミックによる混乱に伴い、先日金融庁は延期を発表しました。FRTB報告は2023年まで延期され、これにより金融機関は置かれた状況をより戦略的に検討する貴重な時間を得ました。この危機は、バーゼルIVに向けた総合的なアプローチの中で、日本の金融機関がFRTBに対する全体的な準備を整える推進力となるかもしれません。銀行は、FRTBの効率的な実施に何が必要かを評価する間、現行のRWAデータの取り扱いや、計算、報告の方法を再確認することもできます。

日本のリスク背景とバーゼルIVの展望

日本の金融システムは安定しています。前回の危機では、資本と流動性の面における日本の金融機関のレジリエンスが証明されました。しかしながら、中核的な金融仲介機能である国内の預金業務と貸付業務の収益力は引き続き低下しています。これは、構造的な要因によるものです。新たな収益源を模索する中で、日本の銀行は海外へ業務を拡大し、より包括的な金融サービスを提供する戦略を追求しました。この業務拡大が銀行のリスクを増大させた一方で、それにふさわしい収益を確保できておらず、結果として自己資本比率やストレスに対する回復力は緩やかに下降しています。パンデミックによる現在の経済危機の状態下においては特に、日本の銀行は資本リスクの管理に集中しなくてはなりません。

現在の危機によって金融機関の総収入は大きく圧迫されるため、クレジットの需要は拡大します。財政・金融措置で実体経済を支えるとする日本銀行の決定は、枠組みの下で資本の最適化に関する追加的措置を講じない限り、実質的な成長にはつながらない可能性があります。企業は資本の維持や、ストレスシナリオ下での景気連動抑制的な自己資本バッファーのための準備を計画しなければなりません。

データ管理とテクノロジーに関する検討事項

資本管理とバーゼルIV要件への適応に集中する一方で、日本の金融機関はデータ管理やリスク・規制報告のためのテクノロジー要求にも対応する必要があります。リスク・規制報告のために強固で透明性ある基礎を確立することで、銀行はリスク決定の際の洞察を導き出し、また規制上の期待事項を満たすことができます。金融機関がFRTBやバーゼルIVに備える中、リスク、データ、テクノロジー分野のリーダーは、資本率の計算に用いる元データやRWAの算出、バーゼルIVで規定されるFRTBへの新たなアプローチの順守、さらに、新規アプローチを順守するために求められる大容量のデータ処理に現在の技術インフラで対応できるかどうかを把握することに努めています。

バーゼル委主導によるリスク・規制報告の見直し-AxiomSLの活用

金融庁がFRTBを延期したことで、日本の銀行はニーズを評価し、戦略的で全体的なソリューションを実施する時間を確保しました。AxiomSLの活用によって、企業は強固なリスク・規制報告のソリューションを導入することができます。それは、リスクデータと計算に深い透明性をもたらすと同時に、要件に準拠した規制報告を行い、バーゼル対応に即した運営効率を確保するソリューションです。

AxiomSLのControllerView®データインテグリティおよびコントロールプログラムは、セキュアなRegCloud®またはオンプレミスで展開され、金融機関に戦略的かつ拡張可能なエンドツーエンドの報告機能を提供します。金融機関はこの機能により、バーゼル委の自己資本と流動性、その他の枠組み全体にわたる規制要件に透明性をもって効率良く対応することができます。

拡張可能なCapitalViewデータディクショナリと強力なリスク計算アーキテクチャを支えに、AxiomSLのソリューションは、RWAとFRTBを含む、複雑なバーゼル関連の資本計算の分野にフレームワークを提供します。

Related Articles:



We use cookies in order to give you the best possible experience on our website. By continuing to use this site, you agree to our use of cookies.
Accept