Financial Firms Need A Strategic Approach To Japan’s Stringent LCR And NSFR Liquidity Reporting

Jump to the introduction in Japanese

Step Back To See The Whole Painting

nsfr liquidity reportingJapanese financial firms need to reflect and then take a more strategic approach as they tackle the stringent liquidity reporting requirements set by the Financial Services Agency of Japan (JFSA). Similar to appreciating an impressionist painting, they need to step back and view the liquidity reporting requirements from different angles. One potential source for illumination is the experiences of global systemically important banks (G-SIBs), which, in recent years, have also had to comply with complex daily reporting requirements.

In the wake of the global financial crisis of 2008, the Basel Committee on Banking Supervision (BCBS) introduced a global, voluntary regulatory framework dubbed Basel III on bank capital adequacy, stress testing, and market liquidity risk. To more effectively deal with liquidity issues and avoid a financial meltdown, Basel III introduced two new standards, the liquidity coverage ratio (LCR) and the net stable funding ratio (NSFR), to ensure that financial institutions have the necessary assets on hand to prevent liquidity disruptions resulting from changing market conditions both from short-term and long-term perspectives.

The Two Standards: A Snapshot

LCR is intended to require a bank to hold sufficient high-quality liquid assets (HQLA) to cover its net cash outflows over a 30-day period. It is calculated by dividing the total HQLA on hand by the total net outflows over 30 days.

On the other hand, the objective of NSFR liquidity reporting is to promote resilience over a longer time. The ratio is calculated by dividing a firm’s available stable funding (ASF) by its required stable funding (RSF).

The Standards In Japan: One Active, One Pending

JFSA has implemented LCR using the phased approach stipulated in Basel III – a minimum coefficient of 60% required in 2015, which rose in equal annual steps and reached 100% on January 1, 2019.

In contrast, the implementation of NSFR liquidity reporting currently remains under review. JFSA published draft regulations for the ratio in June 2018. However, in April 2020, the agency indicated that the regulation would not be implemented in 2021 as originally planned.

Added Challenges For Japanese Banks

To enhance the effectiveness of LCR, JFSA has introduced the “approximate LCR”. Financial institutions are required to calculate an approximate LCR on a daily basis. If the coefficient is below 80% on any day, firms must report it to JFSA within two days as a separate report, and thereafter submit a report daily to the regulator until resolved. In addition, to supplement LCR, JFSA requires the submission of template reports relating to the following BCBS monitoring tools: contractual maturity mismatches; concentration of funding; unencumbered liquidity assets; and LCR by major currency.

Looking To G-SIBs For Basel Journey Perspectives

JFSA’s expanded approach to LCR requirements is in many respects similar to the daily reporting measures required of G-SIBs by a number of regulators, and may even be more stringent. As such, strategically, Japanese institutions can draw insight from the reporting experiences of G-SIBs. Japanese banks need functional, technological, and operational readiness that mirror the approaches taken by many G-SIBs to create a solid risk and regulatory reporting foundation for their ongoing Basel journeys.

All On One Canvas: AxiomSL’s Liquidity Reporting, Data Management, And Risk Calculations

Deployed on its secure RegCloud® or on-premises, AxiomSL’s ControllerView® data integrity and control platform provides institutions with a strategic and scalable end-to-end reporting capability to address regulatory reporting transparently and efficiently across Basel and other frameworks. Underpinned by its extensible data dictionary and powerful risk calculation architectures, AxiomSL’s solutions provide a framework for a range of complex Basel-related liquidity calculations, including for LCR, NSFR liquidity reporting, and stress testing scenarios.

 Read our full article by completing the form below:
下記のフォームに入力して記事全文を読む:

金融機関が求める、流動性規制における
日本の厳格なLCRとNSFR報告に対する戦略的アプローチ

 

全体像を見るための一歩後退

日本の金融機関は、金融庁が設定した厳しい流動性報告要件をクリアできるよう熟考し、より戦略的なアプローチを採用すべきです。印象派の絵画を鑑賞するときと同じように、一歩下がって、さまざまな角度から流動性報告要件を確認する必要があります。「グローバルなシステム上重要な銀行」(G-SIB)の経験は、貴重な参考例となります。近年、G-SIBにも複雑な毎日の報告要件が課されるようになったためです

NSFRを用いた流動性報告

2008年の世界金融危機の後、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、バーゼルIIIと呼ばれる、銀行の適正自己資本、ストレステスト、市場の流動性リスクに関するグローバルな自主規制枠組みを導入しました。流動性の課題により効果的に対応して金融破綻を回避するため、バーゼルIIIは流動性カバレッジ比率(LCR)と安定調達比率(NSFR)という2つの新基準を導入しました。これは、金融機関に必要とする資産を手元に確保させ、短期・長期両方の市況の変化から流動性に混乱が生じないよう徹底するためのものです。

2つの基準:寸評

LCRは、30日間の純資金流出額を補えるよう、銀行が適格流動資産(HQLA)を十分に保持することを求めるものです。手元のHQLAの合計を30日間の純資金流出額で除して算出します。

一方、NSFRによる流動性報告の目的は長期にわたるレジリエンスを促進することです。金融機関の利用可能な安定調達額(ASF)を所要安定調達額(RSF)で除して算出します。

日本における2つの基準の状況:一方は有効、もう一方は保留
金融庁はバーゼルIIIで規定されている段階的なアプローチを用いてLCRを導入しました(2015年の最低水準を60%とし、毎年同率で引き上げられ、2019年1月1日に100%に達しました)。

一方で、現時点ではNSFRの流動性報告の実施については未だ確認中です。金融庁はNSFRの規制案を2018年6月に示しました。しかし、2020年4月、同庁は当初予定されていた2021年の規制導入が実施されないことを公表しました。

日本の銀行の更なる課題

LCRの有効性を高めるため、金融庁は「近似LCR」を導入しました。金融機関は、近似LCRを毎日計算するよう求められます。この比率が80%未満となった場合は、2日以内に金融庁に別途報告する必要があります。しかも、その後解消されるまで毎日報告を提出しなくてはなりません。加えて、LCRを補足するため、金融庁は期間ミスマッチ(満期の相違)、資金調達の集中、処分上の制約を受けない流動性資産、主要通貨別のLCRといったBCBSのモニタリングツールに関して、テンプレート報告書の提出を要求しています。

G-SIBのバーゼル対応を参照する

金融庁のLCR要件拡張のアプローチは、多くの規制当局がG-SIBに要求する毎日の報告要件とさまざまな側面で類似するものであり、その一部はG-SIBへの要求よりさらに厳しいものとなっています。この点に注目することで、日本の金融機関は、G-SIBの報告経験から戦略的に知見を導出することができます。日本の銀行には、進行中のバーゼル対応におけるリスク・規制報告に対応できる強固な基盤を築くため、多くのG-SIBが採用したアプローチに照らした機能面、テクノロジー面、オペレーション面における即応能力が必要です。

すべてを単一のキャンバスに:AxiomSLの流動性報告、データ管理、リスク算定ソリューション
AxiomSLのControllerView®データインテグリティおよびコントロールプログラムは、セキュアなRegCloud®またはオンプレミスで展開され、金融機関に拡張可能なエンドツーエンドの戦略的報告機能を提供します。金融機関はこの機能により、バーゼル委とその他の枠組み全体にわたる規制報告要件に透明性をもって効率良く対応することができます。拡張可能なデータディクショナリと強力なリスク計算アーキテクチャを支えに、AxiomSLのソリューションは、複雑なバーゼル対応関連の流動性計算のためのフレームワークを提供します。これには、LCR、NSFRの流動性報告、ストレステストシナリオが含まれています。

Related Articles:



We use cookies in order to give you the best possible experience on our website. By continuing to use this site, you agree to our use of cookies.
Accept